「ボールをよく見る」の本当の意味

ゴルフで最もよく使われるアドバイスの1つが『ボールをよく見なさい』ではないでしょうか?とても重要なアドバイスですが、この解釈を間違えてはいけません!

このアドバイスを勘違いしている方は、ボールを打ち終わった後もボールがあった位置を見続けようとします。これは下を向いているのであってボールを見ているとはいえません。


ボールをよく見るというアドバイスの本当の意味は


『ボールを打ち終わったら飛んでいるボールをよく観察し、どこに落ちるのか、地面に落ちてからどのように転がるかよく見なさい』


という事なのです。



どんなに素晴らしいアドバイスでも、解釈の仕方を間違えてしまうと上達の妨げになってしまいます。雑誌やYoutubeで情報を仕入れてもうまく体現できないのは、一方通行のアドバイスだから。


自分に必要な情報を、正しく理解して練習に励むのが上達への近道です。



51回の閲覧

最新記事

すべて表示