グリップがスイングに与える影響

綺麗なスイングを目指したいとレッスンに通い始める方が意外と多いのですが、そんな方にはまず綺麗なグリップを教えます。


私の考える綺麗なグリップは、一体感があり両手が向かい合った形で握れていること。

そして、両肩に力が入らないよう注意しクラブを振るのに必要なだけの力加減で握るのが理想です。


グリップの握り方は体の柔軟性も影響されます。

一般的に、体が柔らかい方、腕力が弱い方、スリムな体型の方はフック気味に握った方が良いでしょう。

その逆で、体が固い方、腕力が強い方、恰幅の良い方は自然とスクエアに近いグリップになるのが自然です。


現代のクラブではスライスグリップはお勧めしません。その理由はスライスグリップにすると必要以上にリストターンをしなければならないからです。


グリップはスイング中の腕の動きやクラブフェイスの向きに大きく影響を与えます。

2人の異なるグリップをしたプレーヤーのスイングが同じような形になることはありませんし、同じようなグリップをした2人は似たようなスイングになります。


綺麗なスイングで上手にプレーをしている人は間違いなく綺麗なグリップをしていますし、個性的なスイングで上手にプレーしている人のグリップはスイングと同じように個性的です。


綺麗なグリップ=綺麗なスイング

綺麗なグリップ≠個性的なスイング


個性的なグリップ≠綺麗なスイング

個性的なグリップ=個性的なスイング


こんな関係が成り立ちます。


綺麗なスイングを目指したい方、まずはグリップをチェックしてみましょう。

「自分のグリップの良し悪しがわからない」という方はぜひご相談ください。

あなたに合ったグリップを一緒に見つけましょう!

34回の閲覧

最新記事

すべて表示