グリップの仕方(中〜上級者向け)

グリップの説明はとても難しく、分かりやすく誤解のないようにしようと考えれば考えるほど作業が進みません。そこで、参考になる動画はないかとyoutubeで検索してみました。


表示された動画を上から見ていくと似たような内容の動画ばかり。

スイングについてはクラブの動きや体の動かし方など様々な理論が展開されていますが、グリップは昔から使い古された表現ばかりです。スイング理論が変われば握り方も変わるはずなのに、皆さんあまり興味がないのでしょう笑


そんな中、私の考えるグリップ論と全く同じ事を言っている動画を見つけました。

それがこちら↓


『グリップの握り方』堀川未来夢のグリップ理論!コツは二つ!

https://www.youtube.com/watch?v=Bb8oF25-UJ8


堀川選手のように自分の感覚をそのまま話すのが一番わかりやすいのかもしれませんね!?


最初の方は他のYoutuberも言っている事なのですが、私が気になったのは後半の部分の2つの場面です。


5:50秒付近からの『ウィーク、ストロングについて』。

堀川選手がウィークとストロングを間違えていた点について、私は共感できます。

一般的に言われているのは、ウィーク=スライスグリップ、ストロング=フックグリップですが、私はこの表現が好きではありません。

この後「ウィークの反対は?」と聞いていたことからも分かるように、プロの感覚では【自分のグリップが一番ストロング】。それ以外は全てウィークです。わざわざ力の入らない握り方をする意味がありませんからね笑

自分にとって1番力の入る=当たり負けしないポジションを見つけることが重要です。


8:20秒付近から『グリップはプラスマイナス0で握る』と話しています。

これも重要なポイントですが、とても良い表現の仕方だと思います。

私は「雑巾を絞るように」と言ってきましたが、最近では雑巾を使うことも無くなってきたので使わせてもらおうと思います!


これからゴルフを始める方にはチンプンカンプンな動画ですが、中〜上級者にはグリップを見直すきっかけになればと思います。



閲覧数:34回

最新記事

すべて表示