ボールマークを直さない人が上達しない理由

最近、ゴルフ場でプレーするたびに「上手なゴルファーが少なくなった」と感じます。その理由は、昔に比べてグリーン上にあるボールマークの数が圧倒的に増えているから。


ゴルフのプレー中に、1人のゴルファーが1つのグリーンに付けるボールマークは1個以下。そのボールマークを付けた本人が直せば、グリーン上にボールマークは無いはずです!にもかかわらず、グリーン上にはボールマークが数多く残っているのです。


ゴルフマナーの1つ【ボールマーク直し】ですが、私が今回お伝えしたいのはマナーの話ではなく、ボールマークを直さないゴルファーは上達しないという事実!

ゴルフが上手なプレーヤーがボールマークを直す理由はマナーとは関係なく「自分のため」であり、ここにスコアアップの秘密があるからです。


上手なゴルファーがボールマークを直す理由は【自分のショットの確認】【これから打つパットの成功率を上げるため】です!


自分のボールが「グリーン上のどこに落ちたのか?」そして「どれぐらい転がったのか?」

ここに意識が向かない人は上手になれません。

ある程度の距離からグリーンオンした時に(落下の衝撃で)ボールマークが付くので、グリーン上にあるボールマークはナイスショットを打った証拠です。


そのナイスショット=ボールマークから得られる【キャリーの距離】【ボールの転がり】という貴重な情報を見逃していては、いつまでたってもピンに絡むショットは打てません。

目標に対する落とし場所とボールの転がりのイメージが持てませんからね!


また、パットをしようとした時に、ライン上もしくはその近くにあるボールマークが気になった事がありますよね!?

ボールマークはルールで修復しても良いのですから、気になるのであれば絶対に直すべきです。全てのショットに言える事ですが、ボールを打つ前に気になった事は取り除いておく必要があります。それに、ボールの直径に対するボールマークの大きさは、ボールの転がる方向を変えるのには十分すぎる大きさです!


自分のプレーに夢中で、直前のナイスショットさえ忘れてしまう未熟なゴルファーを見かけたら、【ボールマーク直し】には、上達のエキスが詰まっていることを伝え、正しい直し方を教えていくのが先輩ゴルファーのあるべき姿だと考えます。


★ボールマークの正しい直し方はこちらの動画でご確認ください


閲覧数:187回

最新記事

すべて表示