日本と海外のYouTubeゴルフ動画の違い

皆さんは、ボールを打った後のディボット(削り取られた芝生のこと)について考えたことはありますか?

フェアウェイからグリーンを狙うショットでは、ダウンブローにボールを捉えることが基本となります。

7番アイアンでディボットを取りながらグリーンを狙うにはかなりの体力が必要となりますが、ウェッジでグリーンを狙うショットではディボットが取れるくらいでなければ正確なショットにはなりません。


私は年齢、性別に関係なく【W】の付くクラブでは、「ボールを打った後に芝生を削るようにしましょう」とアドバイスしています。

※【W】の付くクラブとはPW、AW、SWの事を指します。


練習場のマットではこの「芝生を削る感覚」だけは、どうやっても伝えることができません。


そこで、何か良い練習方法はないかとYouTubeのゴルフ動画で検索してみたところ、日本語で「ディボット」と検索した動画と、英語で「Divot」と検索した海外の動画では、大きな違いがあることを発見しました!


日本語で「ディボット」と検索すると、ディボット跡に入ったボールを脱出させる打ち方をレクチャーした動画が出てきます。

それに対し、英語で「Divot」と検索すると、フェアウェイからディボットを取りながら打つアイアンショットをレクチャーした動画が出てくるのです。


スピンの効いたアイアンショットを打つには、ボールを打った後に芝生が削れるショット、つまり、ダウンブローにボールを捉えることが重要です!

そしてフェアウェイからディボットが取れない限り、ディボット跡に入ったボールを打つことはできません笑



こちらは7番アイアンでのティーショット。インパクトの後に砂が舞っています。



結局、マットの上から芝生を削る感覚を身に付ける練習方法は見つかりませんでした。

何か良いアイディア(練習器具など)があれば是非ご連絡ください!


ちなみにディボット跡に入ったボールを打つには、ボールの先にもっと大きなディボットを作るように打てば良いのです。当然、打ち出されたボールは通常より低くなります。

腕力勝負のショットなので、筋力に自信がなければ難しいですね。

58回の閲覧

最新記事

すべて表示