top of page

第1回MGA研修会レポート

第1回MGA研修会を貞宝カントリークラブで開催しました。

9人の参加者が、それぞれが自分のレベルに合わせたティーからプレーし技術の向上を目指しました。



今回のテーマは「プロはコースをこう見ている(グリーン周り編)」です。

中~上級者が更なるレベルアップを目指すためには、グリーン周辺からの取りこぼしを減らす事が鍵となります。そのためには、簡単な状況と難しい状況を見極める必要があります。


【プロのテクニック】グリーン周りの難易度を可視化する

プレー後の講習ではグリーン周りの難易度を客観的に分析する方法をお話ししました。

グリーン周りを青、赤、黄色に色分けすることによって、難易度を可視化するテクニックです。この色分けは各プレーヤーの実力や得手不得手よって変わってきます。

ちなみに私はこんな感じで色分けしました。



【プロはこう考える!】

・青いゾーンからは積極的にプレー

青く塗ったゾーンは簡単な場所(=チャンスゾーン)です。

積極的にプレーすることで成功率が上がります。


・赤いゾーンからは無理をしない

赤いゾーンを渡り歩いてはスコアアップは望めません。

次のショットを青いゾーンから打てるように、狙い方や打ち方を考えます。


【まとめ】

苦手なホールや大叩きしてしまったホールを色分けすることにより、冷静な判断ができていたかどうか客観的に考えることができます。皆さんも参考にしてくださいね!


以上、第1回MGA研修会のレポートでした。

次回研修会は3月15日を予定しています。

詳細はこちら

Comments


bottom of page