練習を工夫する

皆さんはちゃんと目的を持って練習していますか?


・スコアを良くしたい

・飛距離を伸ばしたい

・アプローチを寄せたい ・スイングを綺麗にしたい

・再現性を高めたい     等々…

しかし、ゴルフ練習場で多くのアマチュアゴルファーを見ていると、ただボールを打っているだけに思えて仕方がありません。


それは練習ではなく、運動!


もちろんボールを打つだけでも上達はしますが、短期間に効率よく上達したいのであれば課題を見つけて取り組まなければいけません。


課題の克服には練習器具を使うと効果的ですが、工夫すれば意外と身近なもので代用できます。


例1)しゃくり打ちの直し方

紐一本で修正が可能です。

ボールを打つときにクラブが紐に当たらないように練習すれば自然とダウンブローで打てるようになります。


例2)打ち急ぎの直し方

片手打ちの練習や柔らかいシャフトでの練習が効果的です。

柔らかいシャフトでの練習はレディースクラブでも代用できます。

やってみるとわかりますが、早くは打てません笑


例3)目標に上手く構えられない時

クラブを地面に置いて確認すれば良いでしょう。

わざわざアライメントスティックを買う必要はありません。

使っていないクラブで十分です。

また、目的に合わせて上手くゴルフ練習場を利用することも大事です。

アプローチ中心の練習では打ち放題を利用するのがお得ですが、スコアUPを目的とした目標を狙う練習では1球1球大事に練習した方が効果があります。


効果的な練習法を知りたい方や、上達に必要な課題を見つけたい方はいつでもご連絡ください。


45回の閲覧
​サイトマップ
  • Facebook
  • YouTube